2010/11/18

高校世界史レベルの知識を即成でインストールする方法

世界史が苦手だったというのもあり、残しておく。
世界史だけじゃなくて、日本史その他にも応用できそう。
地理は好きだったのだが、思い返してみるとこういう勉強をしていたかも。
地理は個々の項目の関係性が理系チックなので、受け入れやすかったんだよね。

2010/11/15

ロールシャッハ

11/13(Sat) (私の誕生日の次の日だ!)に、銀河劇場で KKP#7「ロールシャッハ」を観た。

結論:素晴らしい

メンツが KKP#5「TAKE OFF」+1なので、当て書きをしているかのような似た構造になっているのは、ある程度仕方ない。
でも KKP#6「TRIUMPH」で「やっちゃったなぁ」感があったから、これは嬉しい傾向だ。
マニア:「やっちゃった所からコント師に戻ってきてくれてありがとう」
初心者:「普通に劇として面白い」
で誰にとっても嬉しい事態に違いない。

「クセのある人物が表面上はそれなりに楽しく過ごしているのが、ある事件が発生し皆で協力て解決しなければならなくなり、各々の内面の問題を吐露し皆で解決し、新しくより良い自分に向かって歩き出す」

まとめると以上なのだが、そこに「見せ方」と「サプライズ」があればいいじゃん。って感じか。
ただし、「TAKE OFF」+1だけ話が長くなるというか、間延びした印象はあった。
しかも銀河劇場の席はケツが痛くなるんだよね。

なんか悪いことしか書いてないみたいだが、面白かったのだ。
マニアックな喜び方かもしれないが。

生・久ヶ沢徹を見たのが初めてだったのだ。
安定した演技力と笑い。小林賢太郎氏とのカラミはマニアにはたまらない。いやもうこれだけでチケット代の価値はあった。
「見せ方」全般としても、上記のように「TAKE OFF」から継承した部分はあるものの、本当に面白かった。

そしてやはり「サプライズ」。後から思い返せば確かにそうだし、あれを証明するにはこうするしかなかった。それがある瞬間に全部分かるのがびっくりだし、すげー悔しい。なんでわかんなかったんだろうな。ちくしょう。

恒例の花束チェック。バカリズムとTEAM NACSからがあった。バカリズム升野氏とは大喜利猿で共演してるから、ラーメンズ+TEAM NACSとか、KKP+TEAM NACSとか実現すればいいのになぁと妄想。そしたら子猫ちゃんたちで一杯で、俺なんかチケット取れないのかなぁ。

囲碁

突然、囲碁を勉強したくなった。
iPhoneアプリを2つ買う。

AI囲碁 - e-frontierAI囲碁

How to play Go 石倉昇九段の囲碁講座 入門編

まぁこれでもかというほど弱い。25級ぐらい。
大局を見る目がないのだろうか。自分で言って心が痛い。

ついでに iPhone App の整理をする。いつか My Best iPhone App なんてまとめたいな。

2010/08/18

ブログ

私は2000年12月1日からブログなるものをしている。あと数ヶ月で10年か。
最初は自分でWebサーバを立て、nDiaryなどのツールを使ってhtmlをアップロードしたものだ。
そこからMovableTypeなる便利なツールが出てきて、アップロードじゃなくてDynamicPublishingが出来るようになって。
そのあたりからか、Web日記がブログって名前になったのは。
アフォリエイトでお金を稼げるようになったり。
昔はWebサーバを管理する元気があったが、次第にめんどくなってプロバイダの無料ブログを使うようになった。

書く内容も変わってきた。
昔は恥ずかしながらネタを作って書いていたのだが、サッカーJリーグの川崎フロンターレのファンになってからは、サッカー観戦記などを書いてみたり。

この度、子供が産まれてブログを書く暇がなくなり、また引越しのためプロバイダも解約しようとなったときに、もうブログは止めてしまおうと考えた。
まぁTwitterでつぶやいていけば、発言の公開欲は満たされるかな、と。

そうして半年ほど放置プレイしてみて、やはりブログというスペースはあった方がいいのかなぁと思うようになった。曲がりなりにも10年続いたものをきっぱりやめるというのは寂しいものですな。
  • クラリネット:中学1年~社会人4年目(2003年)まで17年間 → 歯の問題でやめる
  • ブログ:社会人1年目(2000年)~ 継続中
  • フロンターレ:社会人5年目(2004年)~ 継続中
目標はあと7年か。

新しい場所でブログを始める時にいつも迷うのは、タイトルとURL。
変えよう変えようと毎回思うのだが、結局一番最初につけた名前を踏襲している。やはりちょっと恥ずかしい。
昔のブログのインポートも未定。とりあえずスペースを確保するだけで、書く頻度もテーマも特定しない方がいいんじゃないかと考えてる次第です。

追記:なんかやってみたら、簡単にココログ→Bloggerが出来てしまった。

2010/03/24

裏声デ歌ヘ川崎市民ノ歌 【vsメルボルン】

帳尻あわせ! 帳尻あわせ!
土曜と火曜で±0! ACL得失も±0!

ACL グループE 第3戦@等々力
川崎フロンターレ 4-0 メルボルン・ビクトリー
(得点者)テセ、黒津、ヘナ、そこにタニ

俺が等々力に行くと、雪やら雨やら降りやがって。雨男は誰だ!
 ↑ 私の可能性が極めて高い
というわけで、無事に行ってきました等々力。



まぁ完勝でした。
前線から中盤にかけてのプレスが効いていて、あれこそが強いフロンターレ。
3トップが揃って得点するし。
メルボルンは弱いというより疲れていたんでしょうね。
スケジュールがきついってこういうことだぞ、と。
プレスからボールを奪ってショートカウンターやサイドアタックに早く繋げる。
相手の中盤に仕事をさせず、苦し紛れのロングボールを跳ね返す。
なぜこれを土曜日に(略



以上が前半の話。



後半? 1人少なくて3点勝ってたら、ああいう展開になるよ。評価外。
ただまぁ井川君も含めて、もう3回目のACLなんだから、中東の笛ってのに、もうちょっと対応できてもいいんじゃないかと。



だからこそ、タニの4点目は感動しちゃいましたけどね。
もう。ツンデレなんだから。



あと、まともに動く生稲本と生コミーを初めて見ました。前回は雪のためノーカウント。
サイドバックってあんなに上下動するんだとプチ感動。
アウグストとかマルコンとか、上がったら行ったっきりなのがウチの左だったのにねぇ。(遠い目)
楠神もいいですねぇ。華がある。



以上、まじめな話。



新しいコールリーダーのN君はすごいね。
何年も変わらなかった音程を一気に下げてしまった。
高くて高くてどうしても裏声になるで有名なフロンターレの歌を。
いやもう歌いやすいったらない。
おじさんに優しいフロンターレ。



しかし勝った後にバンデーラを横揺れさせるのはやめちゃったのね。ちょっと悲しい。
アバンテは「あとちょっとだから踏ん張れ」という意味だと思っていたので、
勝った後もずるずるアバンテをするのはちょっと違う気がするんだよねぇ。



会社の「隠れ稲本ファン」が初めて等々力に来たらしい。
意外とすごいぞ稲本効果。
インタビューの都合で最初の挨拶の列に加わらなかったら、「なんだよ挨拶しねぇのかよ」と帰ってしまったらしい。
後から単独で(黒津と)来たし、稲本の歌も歌ったよと言ったら、なんで教えてくれないのかと怒られた。



あのね、何か残っているから俺達は歌い続けているわけで、
(よほど気分が良い時じゃない限り)何にも無いのにやるわけないでしょ。と言ったら、
余韻を楽しんでいるだけで、何にも無いのに騒いでると思った、と言われてしまった。



非道い!単なるアホだと思われている!差別だ!人種差別だ!
オーストラリアのシーシェパードぐらい非道い!
クロマグロやサメの取引禁止ぐらい非道い!
某横浜Fマリノス監督の某木村和司の発言ぐらい非道い!



おいしいミートソースの作り方 【vs横浜FM】

こんな試合に気の利いたコメントが必要ですか?

J1 第3節@新横浜
横浜Fマリノス 4-0 川崎フロンターレ
(得点者)どうでもいい

結婚以来最大の喧嘩をしてしまい、自宅で幼児の面倒を見ながら料理をしてました。
(喧嘩の理由は、また典型的に、試合に行く行かないとか、そういうこと)
むしゃくしゃして、ミートソースを作りました。後悔はしてない。



  1. オリーブオイルでニンニク・唐辛子を香りが出るまで炒める


  2. みじん切りした玉ねぎ・ニンジンを(好きならセロリも)玉ねぎが透明になるまで炒める


  3. ひき肉(無ければバラ肉を細かく刻んだもの)を色が変わるまで炒める
    (肉を入れるときに、下味の塩こしょうをする)


  4. ホールトマトの缶詰をドバッと入れる


  5. もったいないので缶に水を入れてトマトエキスをすべて入れるのだが、そのときに本だしも加える


  6. トマトをヘラで潰しながら、半分ぐらいになるまで煮詰める


  7. 適当に日本酒を加え、また煮詰める


  8. いい具合になったら、醤油・ケチャップ・ウスターソースで味を整える


と、思いつきで和風ミートソースを作ってみたら、思いの他おいしかったのでした。
本だしと日本酒をワインに置き換えれば普通のミートソースですが。
分量? そんな概念、男の料理にあるはずないでしょ。適当。



ということで、ミートソースがおいしかったので、試合なんてどうでもよくなったのでした。



・・・んなわけないでしょ



あれね。フロンターレ史で1・2を争う「心が折れた試合」じゃない?
俺の中で今まで1番はマギヌンが加地に超低空ドロップキックしちゃった2006年万博なんだけど、その試合も奇しくも 4-0 だったなぁ。
あの時は「ガンバは強いなぁ」である程度済ますことが出来たけど、今回は性質が違う。
ケガとかACLとかもあって、チームが空中分解してしまう危険がある。



俺なりに原因を考えてみました。



  1. 憲剛とジュニがいないと寂しくて我慢できなくなってしまったから


  2. スンスケに対する優しさフラグが大爆発してしまったから


  3. スンスケ対決でマスコミに盛大にフラグを立てられてしまったから


  4. 長期的な視点で、名古屋様に勝ってしまった負い目を一気に帳消しにするため


  5. ついついボンバーがオウンゴールしてくれることを期待してしまったため


私は 3 だと思いますが。



しかし、所詮は現地に行けなかった人間の戯言。
次のACLホームで、いかにチームがボロボロなのかを、骨を拾う覚悟でじっくり見たいと思います。
(夫婦喧嘩は解決し、ACLホームも参戦可能となりました)



2010/03/16

完璧な勝利 【vs名古屋】

生後1ヶ月に満たない娘がいる身では名古屋行きなど到底叶わず、自宅スカパー観戦でした。

J1 第2節@豊田スタジアム
名古屋グランパス 1-4 川崎フロンターレ
名古屋グランパス 2-3 川崎フロンターレ
(得点者)ヘナ、ムウ、テセ、マギ、テセ

むははは。完璧な勝利ではないか。



俺たちの瑞穂で試合をさせないという妨害工作にも負けず、
ホーム500ゴールという記念すべきゴールをうちのマギヌンに取らせ、
ジュニ・憲剛・稲本・菊地というセンターラインをすべて怪我で休ませ、
日本代表GK対決というピリッと引き締まった試合を、
残り1分までどうなるか分からない無駄にスリリングな試合を、
国営放送で日本全国のお茶の間にお届けする!
まさに The フロンターレ!!



得点シーンを並べてみると、なんかもうグチャっとしたりゴリッっとしたり
そんなんばっかだけど、要は勝ちゃ~いいんだよ!勝ちゃあ!



(本音)なぜそのグチャっとしたものをもっと火曜日に出さないかなぁ!



● テセのコメント(意訳)
 「ACLの鬱憤を晴らした」
八つ当たりじゃしょうがないね。名古屋の皆さんごめんなさい。



● コミーのコメント(意訳)
 「これがフロンターレっぽいんだ。すごいね(ニヤニヤ)」
いやいやいやいや。
華麗なオーバーラップから華麗なゴールとかでもいいんですよ!
無駄にドラマチックにしなくても、問題なく完勝とかでもいいんですよ!



ごちゃごちゃ文句ばっかり言ってるみたいだけど
こういう試合を生で見ちゃうのが、フロンターレ中毒の素なんだよねぇ。
理屈じゃないよね。
好きだから仕方ないよね。
フロンターレ馬鹿だから仕方ないよね。



いいなぁ、名古屋に行った人。
手羽先をつまみに、うまいビールを飲んだんだろうなぁ。
登山をして、油と甘さと量にダウンしたんだろうなぁ。
ひつまぶしとか、きしめんとか、天むすとか、あんかけパスタとか、



いいなぁ。アウェイに行きたいなぁ。






スカパーを見ながら嫁に「あのシャチ、すげー可愛いよね~、いいよね~」と言ったら
「目がデカ過ぎて気持ち悪い」とかぬかしやがった。
後でシメておきますので、どうかご気分を害されぬようお願い申し上げます。>鯱様



ただ、某日本代表DFの髪の毛が非常に残念な上に未練たらしく結ばれているのは、
いっそのこと毟り取ってしまえばいい、という点では意見が一致しました。



2010/03/13

俺の2010開幕戦 【vs北京】

試合前:俺の開幕戦は雪かよ。逆に燃えるじゃんか!

ACL グループE 第2戦@俺たちの等々力(のはず)
川崎フロンターレ 1-3 北京国安
(得点者)菊地、あとは誰かわからん

等々力に向かう道すがら、既に猛吹雪。寒すぎる。俺は本当にこの吹雪の中で応援するの?
実際にGゾーンに着いて、いつも通りに半袖になってみると



意外と、寒くない。



寒いのはスタジアムの外で吹きすさぶ風であって、
風がうまくブロックされているスタジアムの中は実はそんなに寒くない。
みんな半笑いで吹雪の写真なんか撮っていて、余裕が見えるよ。
ああ、雪があったかいって本当だったんだなぁ。



腕の皮膚感覚が麻痺しているだけでした。



なんかね、いろんなものが麻痺しちゃってた。
雪が俺らを狂わせたのかな?



ハーフタイムに、バケツいっぱいに水を汲んで持ってきたのは、まじでどうかしてると思いました。
腹をかかえて笑いました。
あれを撒いたら、必ず誰かが死ぬ。



幸いにも、後半はバケツの水を撒くという場面は無かったけどな!!



韓国での練習試合は、憲剛の骨折で録画を見返す気にもならない。
リーグ開幕戦の新潟戦は、まだ録画を見る時間もない。
ということで、色んな意味でこの試合が俺の 2010 開幕戦だったのだが、
サッカーを見たという気がまったくしない。
吹雪の中、馬鹿なことをしたという感覚だけ。
稲本とか小宮山とかいたけど、確かにいるのは見たけど、プレーを見たという気がしない。



だいたいね、雪でボールは転がらないし、綺麗なボール運びやらは無理だってのは、
馬鹿でも開始5分でわかるわけですよ。
そしたら試合を決めるのは、勝負強さとか、泥臭さとか、そういうもんでしょ。
ハイボールでドカンとか、裏に出してヨーイドンとか、そういうことでしょ。



そういうグチャグチャしているのに弱いとか、ここぞという場面で勝負弱いとか、
まったくもって俺の知ってるフロンターレだった。
稲本とか小宮山とか例年にない的確な補強してるから
俺の知らないフロンターレになっちゃってるかと不安に思っていたけど、
実に俺の知っているフロンターレだった。
安心した。実に安心した。
今年もあらん限りの力で俺たちの心をかき乱してくれるでしょう。
それでこそ俺たちのフロンターレ。



Gゾーンも、いつのまにかコールリーダーは代わっているし、
なんか中学生とかやたら多いし、「稲本・・・」とか聞こえてくるし、みんなポンチョとか着てるし、
こんなオヤジはもう居場所がないのかなぁと思っていたら、
あんな試合の後の選手を迎えるのは、拍手だった。
泣いているテセを励ましていた。
ここもまだ、俺の知っているフロンターレだった。



子供もできて全然スタジアムに行けないけど、こんな俺でも、もうちょっと応援してもいいのかな、って思いました。



2010/02/26

子供が産まれました

長い間ブログを更新しなかった理由としては、



  • 単純にオフシーズンで話題がなかった


  • twitter が面白くなり始めて、そっちを呟いてばかりいた


  • 仕事が忙しかった・・・は、無いか(給料泥棒)


など、色々あるのですが、一番大きな理由は、



子供が産まれました。



はい。私も一児の父親となってしまいました。
ということで、今年はスタジアムに行く回数もグッと減ってしまいそうですが、なんとかホームゲームの何割かは行きたいと思っています。



産まれた時の話や子供の話を書いても面白くないでしょう。
そこで、「考えたけども結局採用しなかった名前一覧」を挙げておきます。
子供の名前を付けるのには、痩せるほど悩みました。(痩せてませんけど)
そこで、今後名前を付ける人の参考に少しでもなれればと。



その前に、名付けに関する他人の言葉を。
「人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。」
~ 吉田兼好『徒然草』
「読みやすく 覚えやすくて 感じよく 平凡すぎず 非凡すぎぬ名」
「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」

~ 俵万智『プーさんの鼻』



あ、ちなみに女の子です。



 




水杜(みもり)

嫁が「『みぃも』という呼び方がしたい!」と言うものだから、そこから考えた名前。「美」は娘が美しくなかったら可哀想だから「水」に、「森」は静かだという意味の「しん」という読み方があるので「杜」にしてみた。そしたら名前に「水」「木」「土」が全部入ってエコっぽい名前で気に入ってしまったのだが、周りからの反対で取り下げ。「女の子らしくない」「杜という字はどうか」

綾乃(あやの)

新婚旅行に、フロンターレ春季キャンプで有名な宮崎県綾町に行った。もちろん宿泊はフロンターレの定宿、「酒仙の杜」。水曜どうでしょう班がお気に入りでも有名な宿。そこが本当に素晴らしくて、今でも日本で一番じゃないかと思っている。そこで、その「綾」の字を頂いてしまおうかと。ところが名前にしてみると、個人的な感覚の問題だと思うのだが、あまり面白くないので自然消滅。昔フラれた女性の名前に似ているというもの原因か。

桃花(ももか)

名前を「も」という音で始めたかった私の願いから。50音の中で一番優しい音だと思う。「も」とくれば、春に産まれるということも含めて、「桃」を使いたい。ということで出来た名前。ところが「桃」をつけた名前は最近多いという話から、自然消滅。

一花(いちか)

ふと「世界にひとつだけの花」の歌詞が思い浮かんで、そこから「一花」。良いと思うのだが、やはりこれも子供の名前ランキングに登場する名前なので、自然消滅。

百音(ももね)

名前を考えるのに行き詰まって、色んな本を一生懸命読み漁った。その中、南方熊楠「十二支考 1 虎に関する史話と伝説民俗」という本の中の一節から。『わが国で寅年に生れた男女に於菟という名を付ける例がしばしばある』。「於菟(おと)」はいくらなんでも難しすぎるので、同じ読み方の「音」を。そして音読みの「ね」と読ませた場合を考えた。夫婦揃って楽器経験者なので、その意味も込めて、「たくさんの音」という意味で「百音(ももね)」。かなり気に入ったのだが、実際に書いてみると漢字が角ばっていて「日」という部分がいっぱいある。見た目も女の子っぽくない。ということで消滅。「桃音」だと意味が分からなくなるので却下。

鈴音(すずね)

「音」を使った名前を諦め切れなくて考えた名前。絶対に読める。小学校低学年でも書ける。見た目も意味も可愛い。そして今風の名前でもなく、でも特徴がある。これは完璧だろう!と思ったが、念のために調べた姓名判断が・・・壊滅的に悪い。姓名判断なんか関係ない!と思い込もうとしたのだが、一旦知ってしまったものを強引に押し切る強さは持ち合わせておらず・・・泣く泣く断念。

真幌(まほろ)

これを考えている時点で既に産まれてしまっている。かなりあせって考えた名前。古事記に日本を表現する言葉として「まほろば」というものがある。素晴らしく心地よい場所という意味。実は結構好きな言葉で、それがふと浮かんだ。そこから「まほろ」を取ってきて、漢字を当てはめた。音は柔らかくていいのだが、いかんせん漢字が難しくて意味不明。しかも最悪なことに、アニメ化されたマンガの登場人物の名前だったのだ。しかもかなりオタク系の。「まほろ」で検索すると、そればかりが何万件もヒットする。ぶっちゃけ読んだことはないけど知っていたので、この名前を思いつく時点でかなりテンパっていたことが分かる。冷静になって考えましょうという好例。


結局は、ずいぶん前から考えていた上記とは全然違う別の名前にしました。
ちなみに「子」が付きます。



練習試合

1ヶ月以上ブログを放置しましたが、なんかフロンターレが練習試合をしたというので重い腰を上げてみました。

ACL グループE 第1戦@炭川スポーツコンプレックス(韓国・城南)
城南一和 2-0 川崎フロンターレ
(得点者)少なくとも日本人ではなさそうです

サッカーシーズンの始まりはゼロックススーパーカップなんですよ。
少なくとも私の体内カレンダーはそうなってます。
だからまだ今年のサッカーシーズンは始まってないんです。
サッカーシーズンが始まっていないのにやる試合といえば、練習試合です。
プレシーズンマッチです。
だからこの試合はプレシーズンマッチなんです。



ちなみにゼロックスは今週末ですよ。
だから来週から、すなわち3月からサッカーシーズンですよ。
2月にサッカーの公式試合が行われる?
そんな馬鹿な話があってたまるものか。



誰が悪い、と言えば、日程君もしくはW杯イヤーの超超過密日程、
そしてそれを調整できないJFAでしょう。
ふざけんな犬○! ← 八つ当たり



こんな練習試合で顎を骨折してしまった憲剛の、一刻も早い回復を祈る。
今はただそれだけ。
憲剛がW杯の舞台に立てないなんて、そんな馬鹿な話があってたまるものか。
この世にサッカーの神がいるのならば、神にも祈ろう。
とりあえずフロンターレ神社には祈ろう。



# 憲剛が元気な時は「いっそのこと代表から外れてクラブに専念してくれ!」とか思ってるのにね



2010/01/08

してはいけない

してはいけない。



稲本に、今、クラブハウスのプレハブを見せてはいけない。



小宮山のように苦笑させてはいけない。



微妙な時期なんだから、試合のDVDだけ見せておけ。



してはいけない。



ちょっと隙があったからといって、新人が続々と結婚してはいけない。



未婚のままの方がギャル人気がとか、そういうことを考えなさい。



本音を言ってしまえば、ヤスや俺の苦しみを味わいなさい。



してはいけない。



B代表のスタメンを見て、あれっいつの間に菊地が?と驚いてはいけない。



あっちの菊地だと分かってみるみる落胆してはいけない。



今更のようにあの事件を蒸し返すような真似もしてはいけない。



それよりかは、不法侵入したあの人の身を案じなさい。



「お前はGKでもやっていればいいんだよ」……うーん、ギリギリOK。



してはいけない。



オードリーの春日じゃない方に似ている人が後ろからタックルされても喜んではいけない。



人間として大事なものを無くしてはいけない。



仮面ライダーアマゾンばりに超低空ドロップキックを繰り出したマギヌンを思い出しなさい。



アマゾンは超低空ドロップキックなんてしないなどと余計なツッコミはしてはいけない。



してはいけない。



マギヌンだって表彰式の階段下りている途中でメダルを外しt



これ以上蒸し返すことをしてはいけない。



してはいけない。



うちの久木野をよろしくお願いしますとフリエサポに涙ながらにお願いしてはいけない。



あっちだって大変なんだということをわきまえなさい。



西山の例を思い出しなさい。



思い出すと言っても、あの時あいつは女性を待っていたに違いないとか、そういうことを思い出してはいけない。



してはいけない。



正式に決まったACLグループ組み合わせを見て、絶望してはいけない。



棚ぼたで広島は比較的楽なグループに入りやがって、などと逆恨みしてはいけない。



「俺たち?2位通過に決まってるじゃん!」と自信だか自虐だか分からない返答をするが正しいフロンターレサポであることを胸に刻みなさい。



してはいけない。



来年の編成に疑問を持ってはいけない。



来年の成績に不安を持ってはいけない。



イッカに右の頬を打たれたら、鬼木コーチに左の頬を差し出しなさい。



そしてキンチャンの後姿を愛でなさい。ベティのふとももに萌えなさい。



そう、それがフロンターレ慈愛の精神なのですから。



2010/01/06

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



普通よりも長めの年末休暇を取り、その間一切ネットに触らなかったので、なにかと時代遅れになっております。



● 送別会



行きました。
開始直前に着いたのでDゾーンで並んでいると、なぜか周りに観戦仲間が。
みんな普通に力が抜けていていい感じ。



  • 吉原 嫁に「イケメンだろ?」と聞いても反応なし。柏に移籍決定、おめでとう。


  • 村上 「プロとして」。そんなに言い訳すんなよ。分かってるよ。ありがとう。


  • 里内さん やっぱりきっかけは「炎上」なのかなぁ。ごめんね。


  • セッキー 「またいつかフロンターレに」私の脳内で翻訳すると、こう宣言していた。絶対だぞ。


妊婦や子供連ればかりなので、握手の列は遠慮してダラダラする。
次はもっと広くて暖かいところでやらないとね。
まぁ去年の「公園」よりかは1000倍素晴らしいが。



そんなこんなでまったりと過ごしました。



● 育成



久木野 → フリエ
養父 → 甲府
杉浦 → 愛媛



とうとうフロンターレが「若手をJ2にレンタルして育成する」というスキルを身に付けた!!
なんていうことだ。まるで強豪クラブのようではないか!!



今度こそ「成長して帰ってくる」という実例になってくれ。
でないといつまでも上のような感想を持つ事になるぞ。



フリエは西山でルートはあるし、甲府は何かと仲良しなので分かるのだが、愛媛かぁ。
今後、あのみかんと交流があるかもしれんな。Welcome たま媛ちゃん!(←そこかい)



「ネガティブだかポジティブだかわからない妄想」



  • 養父が甲府で「藤田2世」になってしまったらどうしよう。ぶっこ抜いたら甲府から嫌われてしまう。


  • 杉浦が愛媛で「内村2世」になってしまったらどうしよう。ぶっこ抜いたら愛媛から嫌われてしまう。


  • 久木野がフリエで「キング2世」になってしまったらど


今、急に殺意を感じたので書くのをやめました。



それはそれとして、一番の注目は久木野かと。
今年はJ2はフリエを大応援することに決定。
JFLでは町田ゼルビアを(主に監督だけ)応援するし、今年は忙しくなるなぁ。



● で、稲本は?



なんか急に中盤が寂しくなってしまった。
来るんでしょ?



● 菊地に引き続き横山も入籍



君らマジで半端無く仲良しだなぁ。



● 今年の抱負



特に問題がなければ、2月上旬に第一子(娘)が産まれる予定です。
おそらく今年は娘のことで精一杯でしょう。



  • 娘をなるべく早くフロンターレデビューさせます


  • ここはと狙ったアウェーに1回は行きたい


  • 家でスカパー観戦していても、叫んで暴れて家族に迷惑かけない


この3つを目標として挙げます。
(なので日程君、くれぐれもよろしく!!)



ということで、今年もよろしくお願いします。